ディスプレイマネージャー

ディスプレイマネージャー・ログインマネージャー についての情報です。
ログイン画面・認証画面で使用されます。

openSUSE ではデスクトップ環境に応じて次が使用されます。

  • kdm (KDE)
  • sddm (KDE Plasma 5)
  • gdm (GNOME)
  • lightdm (Xfce)
  • lxdm (LXDE)
  • xdm (Minimax X など)

目次

ディスプレイマネージャーを切り替える

ディスプレイマネージャーを切り替えたい場合、
予め Zypper や YaST でパッケージをインストールした後、
YaST から /etc/sysconfig エディタ を起動し、
Desktop - Display Manger - DISPLAYMANAGER の値を変更します。
openSUSE の再起動後、変更したディスプレイマネージャで表示します。

lxdm

13.2 現在、lxdm を使用している場合に
LXDE・Xfce のログアウトで問題が発生する事が確認されています。
また、leaf 42.1 の開発版では、起動できない状態です。
他のディスプレイマネージャーを使用して下さい。


カテゴリ: デスクトップ

Last-modified: 2015-07-25 (土) 11:03:31 (852d)